情報化時代はスピードが勝負です。最初に登場したのは、ジャストインタイム生産。今や企業は、増え続ける数々のビジネスニーズに対するジャストインタイムソリューションを必要としています。翻訳もスピードというこのニーズの例外ではありません。 Stepes では、人の手によるスピーディーな翻訳をオンデマンドで提供し、企業がグローバルに躍進できるお手伝いをします。

Speed, Speed and Speed

超スピーディー

市場ニーズに対応するためには、ビジネスプロセスの機敏性がますます高まる必要があります。今日のデジタルコンテンツは、1 日 24 時間実際に作成、導入されます。その結果、これまでの静的翻訳モデルは、もはやグローバルでスピーディーな情報導入における 21 世紀の要件を満たさなくなりました。

translate-anywhere

ジャストインタイム翻訳について

ジャストインタイム翻訳は、スピーディーでグローバルな導入のための人の手によるほぼ同時翻訳を提供するローカリゼーションモデルです。この極めてスピーディーなプロジェクトのターンアラウンドは、モバイル翻訳技術によるもので、それにより翻訳者はいつでもどこでも翻訳することが可能になります。JIT 翻訳による、ツイートやウェブのアップデートなどデジタルコンテンツの人による翻訳の提供で、競合他社の先を行くことができます。世界初のチャットベースのモバイル翻訳プラットフォームとして、Stepes は初めて真のジャストインタイム翻訳をスタートします。

仕組み

Stepes では、インスタントジョブ通知、翻訳、デリバリを含めて、翻訳者はスマートフォンで直接作業をします。その結果、極めてスピーディーな翻訳のターンアラウンドが実現します。

新規の翻訳プロジェクトが作成されると、Stepesでは自動でタスクに最適な翻訳者を特定し、スマートフォンで該当者に直接連絡します。

翻訳者が Stepes アプリから翻訳ジョブを受け、Stepes の通知から数秒で翻訳を開始できます。

翻訳ジョブは、MT、翻訳メモリ、ボイスディクテーションなどのスマートフォンを利用した、直感的で馴染みのあるインタフェースで行います。これにより、翻訳の品質と生産性が向上します。

翻訳者が翻訳ジョブを終えると、Stepes から顧客にメール通知が送信され、Stepes のウェブサイトから完了した翻訳プロジェクトを(仲介者、中断なしで)直接ダウンロードできます。高品質の人の手によるスピーディーな翻訳だけが今日のデジタル情報化時代にマッチします。

Stepes-Notification-JIT
User Reviews

ユーザー生成コンテンツ (UGC)

企業は、競合他社より先を行くため、製品やサービスに関する顧客からのレビューとフィードバックをますます重要視しています。UGC は顧客の購入決定に影響を与える現在最も重要なツールです。Stepes では、お客様の UGC を複数言語に翻訳して、グローバルに顧客のさらなる獲得と売り上げアップを実現します。

Software and Mobile App Localization

ソフトウェアとモバイルアプリのローカリゼーション

今日の俊敏なソフトウェア開発により、アプリケーションが頻繁に更新され、そのためスピーディーな翻訳の突発的なニーズが発生します。ジャストインタイム翻訳は、開発者がソフトウェアに集中する時間をさらにもたらし、市場投入のメリットを確保できるため、こうした継続した翻訳ニーズに最適です。

Social Media Translation

ソーシャルメディア翻訳

ソーシャルメディアは、ビジネスの PR とマーケティングに今や不可欠なプラットフォームです。ソーシャルメディアチャネルの翻訳を重要視しない企業は、国際的に極めて大きなビジネスを失う恐れがあります。投稿されたコンテンツが投稿時のままの1つの言語である場合、世界中の視聴者はこのコンテンツにアクセスすることができないためです。ジャストインタイム翻訳では、ソーシャルメディアをオンデマンドで翻訳する、完全でアジャイルなソリューションを提供します。

JIT Manufacturing Meeds JIT Translation

JIT 生産は JIT 翻訳にマッチ

ジャストインタイム生産とインベントリを確保するということは、製品に関する情報すべてが、迅速でオンデマンドに開発され、翻訳される必要があります。24 時間、任意の時間と場所で翻訳者が翻訳できる翻訳サービスは、スピーディーなターンアラウンドとリードタイムの削減を実現するために不可欠です。

Just-in-time Manufacturing

ジャストインタイム生産について

ジャストインタイム (JIT) 生産は、サプライヤから顧客へのレスポンスタイム同様、生産におけるフロータイムの削減を目的とした方式です。1970 年代に始めてトヨタがこの JIT 方式を日本で導入しました。そのベストプラクティスの多くがさまざまな生産産業に幅広く導入され、JIT 方式は 1980 年代に世界のその他の地域にも広まりました。
こちら をクリックして 、JIT の詳細を参照してください。

stepes-support-team-member-3

ジャストインタイム翻訳のサポートが必要な場合

  • 極めてスピーディーなプロジェクトのターンアラウンド
  • これまでにない翻訳の拡張性.
  • デジタルコンテンツとソーシャルメディア翻訳のエキスパート
  • 特定分野のバイリンガル専門家による高い品質
  • 効率性によって競合するサービス
  • モバイル翻訳が可能

質問がありますか?

サポートエージェントへのお問い合わせ。